ビジネスでは自分が相手の会社に来社したり、逆に相手を自分の会社に来訪してもらったりすることがあります。わざわざご足労をいただくため、打ち合わせ後にはそのことに対するお礼メールを書くのがマナーです。今回はその来社後のお礼メールの書き方とマナーについて解説します。, 一言に「来社後のお礼メール」と言っても「自分が訪問する(相手の会社に来社する)」のか、「相手が来訪する(自分の会社に来てもらう)」のかでメールの内容は若干変わります。ですが、どちらもメールで伝えるべき内容は「相手へのお礼」です。 そのことに対するお礼をするのは、ビジネスマナー以前に1人の人間としてとても大切なことです。相手が帰った後は必ず来社後のお礼メールを送るようにしましょう。, 自分から来社後のお礼メールを書こうと思ったら、相手から先にお礼メールをもらうこともあるでしょう。こちらもお礼を言わなければなりませんから、当然このメールに返信する必要も出てきます。ですが、いざ返信するとなっても何を書けば良いのか分からなくなる人もいるのではないでしょうか。 そこで培った営業とマーケティングの知見を生かし、「セールスハックス」の運営に取り組む。 商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。, chokotty[ちょこってぃ]|知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。[ chokotty - ちょこってぃ - ]. 来社へのお礼メールは、どう書けばよいのでしょうか?例文と盛り込むべき3つのポイントをお伝えします。取引先やお客様の来社へのお礼メール例文をテンプレとして使い、自分の状況に応じたカスタマイズを行っていきましょう! 他社と競合で、ある製品サンプルを作成して客先評価をしてもらった結果、今回は他社に依頼する旨のメールがきました。しかしながら、今後新規商材を立ち上げていくので、当社にも相談させてもらうことがある。今後とも宜しく・・・。とい また、来社後のお礼メールでは「今後の対応」について説明しましたが、「またのご来社お待ちしております」のような宣伝や詳細な案内は控えるようにします。ここではお礼さえ伝えれば良いので、「またこのことで連絡しますね」くらいに留めましょう。ビジネスメールは「一つのメールにつき用件は一つまで」が原則です。 お礼メールの送り主と展示会で商談をした場合は、そのことについても触れて返信することが大切です。 ここでは、展示会のお礼メールに返信するときの文例をご紹介します。 来社後のお礼メールは、マナーそのものは他のビジネスメールとほぼ同じです。もし先に相手からお礼メールをもらったら、その返信も早く出すようにしましょう。返信の場合は件名も変えずに送る、履歴も残しておくのもマナーの一つです。 【 敗者の去り方】こんにちは。日々の営業活動の中で成約もあれば当然、失注もあります。 時にはコンペで競合他社に敗退をし、敗者となることもあるでしょう。 私は失… 詳しい内容の違いは例文で解説するとして、ここでは訪問・来訪共通の「来社後のお礼メール」の書き方について解説します。いきなり具体的な内容を見るのもハードルが上がってしまうので、まずはメールで何を書けば良いのかを簡単に見ていきましょう。, 来社後のお礼メールで一番大切なのは「お礼」です。「お礼メールなんだから当たり前じゃないか」と思うでしょうが、実は意外と伝えきれずに「結局何のメールだったんだろう」と思われてしまうことがあります。一番伝えるべき内容は挨拶後、最初に切り出すべきです。 経営者から営業マンまで、ビジネス現場を理解したお役に立てる情報を発信。, Copyright © 2020 Digima all right reserved, 初めてお会いしたにもかかわらず、忌憚のない意見を聞かせていただき、誠にありがとうございました。〇〇様の実直な性格と自社を成長させたいという思いがひしひしと感じられました。, 本日聞かせていただいた御社工場での実例から、〇〇様の日頃の経費削減の姿勢を垣間見ることができ、大いに勉強させていただきました。, 問い合わせや依頼を受けた際には、内容を記載し返答(もしくは返答をする日程)を記載する, カスタマイズする内容と定型文を使用する内容をうまく使い分け、顧客から「個別のメール案内」だと受け取ってもらえるように工夫する, 反響の良いテンプレートは社内で共有して活用し、スタッフ間の成果のバラツキ改善を目指す. 業務上どうしてもきちんと連絡しておきたいことがあるのであれば、来社後のお礼メールとはまた別にメールを立ち上げます。慣れていないと難しいですが、メールを送る前に内容が複数になっていないか、よくチェックしておきましょう。, ここでは「自分が相手の会社を訪問した」場合の来社後のお礼メールの例文を見ていきます。お礼メールは訪問した側でも来てもらった側でも、どちらから送っても構いません。ネットでよく見かける例文は「来社してもらった側」が多いですが、こちらが「来社した側」であるなら、どのようなお礼メールを送れば良いのでしょうか。, 今度は、逆に相手に来社してもらった際に送る来社後のお礼メールの例文を見てみましょう。相手に「わざわざ自分の会社に来てもらう」、つまりご足労をかけてもらったことになります。新幹線や飛行機を使うなどして遠方からきてもらうことも当然ありうる話です。 新規開拓営業を経験した後、eBook・セミナー・研修のコンテンツの作成に従事。 chokotty[ちょこってぃ] | 知る・比べる・やってみるで、ちょっと幸せに。, 商談後のお礼メールは、ビジネスにおいては必須になるでしょう。会社訪問時や面談時等、様々な状況においてのお礼メールを想定し、その送り方を前もって学んでおけば慌てることもありません。ここでは様々な場面における商談後のお礼メールやそれに伴う知識を紹介していきます。, 商談で会社訪問や面談する際のマナーの1つ目は、初対面の相手とは名刺交換から始めることです。基本的に初対面の相手とは名刺交換をすることになるのですが、その際の印象が今後のビジネスを大きく左右することになりますので、できる限り丁寧に対応し、相手に対して良い印象を与えることが大切です。, 名刺交換はビジネスパーソンの基本なので、その型から外れた方法にはならないよう常に基本を意識することが大事になります。また、受け渡しの場合は笑顔で、そして名刺を受け取ったら確認をして事業内容を相手に質問したり、共通点を見つけて話題を発展させると印象値をグッと上げることができます。, 商談で会社訪問や面談する際のマナーの2つ目は、相手に興味を持ち質問することです。商談において「何か質問はありますか」と言われた時に、一切質問がない状況だと内容を理解していなかったり、内容に興味がないといったネガティブな印象を持たれる可能性がありますので、質問することを意識しましょう。, また、相手の話を遮って質問をするのはよくありませんが、機を見て自分が興味を持っている部分や理解が進まない部分を積極的に質問することで、相手に対してやる気や相手のビジネスへの興味をアピールすることができ、今後の良好な関係性に繋がっていくことでしょう。, 商談で会社訪問や面談する際のマナーの3つ目は、ビジネスマナーを守ることです。ビジネスマナーを守ることは商談の基本中の基本と言えます。どんなに通じている相手に対してでも、ビジネスマナーを逸した行為はネガティブな印象に繋がりますので、常に相手に対してマナーを忘れず商談に臨みましょう。, 商談で会社訪問や面談する際のマナーの4つ目は、主催側が議事録を取り商談後共有することです。商談に関しては議事録は必須で、基本的には商談を主催する側の誰かが議事録をとり共有するものですが、商談が始まる前に誰が議事録を取るのか確認することで、出席者全員が安心することとなります。, 下記の関連記事では議事録の書き方や、議事録をまとめるのに使えるテンプレートなど必要な情報がコンパクトにまとめられているおすすめの内容が紹介されています。こちらもビジネスパーソンの基本として、見直すなど参考にしてみてください。. 自分が相手の会社に来社することや、相手に来社してもらうことは業種による部分がありますが、相手にメールでお礼を伝えること自体はどの職業でも必ずあることです。業務内容と一緒に、相手に伝わるお礼のし方も身に着けるようにしましょう。, 来社後のお礼メール|訪問/来訪後の基本的なマナーや例文を紹介のページです。ビズメディアは働く人のためのライフマガジンです。ビジネスに関連するビジネスマナーや雑学から転職、就活、フリーランスなどの働き方まで、ビジネスマンに向けた情報発信メディアです。毎日のお仕事を楽しく、円滑に進めていきしょう!. みなさんは、営業商談後に顧客に対してお礼のメールを送信していますか?営業商談後お礼メールは、顧客の貴重な時間を割いてもらったお礼や商談内容のおまとめなど、顧客とより良い関係を築くことができます。, しかし、中には「商談後にお礼メールを送付することをルール化できていない……」「お礼メールを送っているものの、その効果やメリットを感じられない……」といったお悩みを抱えている営業マネージャーや営業マンもいるかと思います。, 営業商談後のお礼メールとは、商談の相手方担当者に対して、営業商談の機会をもらったことに対する感謝や、商談で話した内容を記録として残すことができる、商談後に送付するお礼のメールです。BtoB営業においては、お礼メールを送ることが「マナー」とされているので、場合によっては形式的なメールになっている場面もあるかもしれません。, 営業活動の進捗によっても変わりますが、営業マンは顧客に対して、営業商談で自社の商品・サービスについて提案させてもらったことに対して感謝を感じるかと思います。例えば、貴重な時間を割いてもらったことに対するお礼や、数ある商品・サービスの中から自社を検討してくれていることに対するお礼、商談時に顧客の現状や課題、展望について話を聞かせてくれたことに対するお礼などが挙げられます。, 効果的なお礼メールを送付するためには、営業マンはできる限り顧客側に負担を与えずに、感謝の意を表現する必要があります。形式的なものではなく、感謝の意を伝え、顧客との信頼関係を構築することが大切です。, 営業商談後のメールが重要な理由は、顧客との関係性構築や将来のビジネスチャンス創出につなげられる可能性があるためです。 営業マンは、日々多くの顧客と接点を持つので、一件でも丁寧に対応を行い可能性を高めることで、長期の期間で見たときに成果を生む可能性があります。, 営業商談後のメールがなぜこのような効果を生むのかについてのポイントを3点紹介します。, 心理学において「ザイアンスの法則(単純接触効果)」という法則があります。これは「人は、例え最初はあまり興味のなかったものだとしても、繰り返し何度も見たり聞いたりするうちに良い印を抱く(1960年代にアメリカの心理学者ロバート・B・ザイアンスが発表)」ことを明らかにしたものです。, 営業商談後お礼メールを送ることによって、相手方担当者との接触頻度を増やすことができ、好印象を抱いてもらう可能性を高めます。ザイアンスの法則では、接触の時間や密度よりも「回数」が重視されています。従って、商談後にメールを送信するということで、接触回数が「商談」「メール」の合計2回とすることが大きな意味を持ちます。, また、ザイアンスの法則においては、「人は知らない人に対しては攻撃的になる」ということも主張されています。接触回数が少なく、まだ相手方から深く認知されていない段階で、次の約束を取ろうとしてもきっぱりと断られてしまう可能性が高いということになります。, 皆さんは他人から親切にされたら、その方に同じようにお返しをしたくなるものです。これは、心理学において、「返報性の原理」と呼ばれている考え方です。, 商談後のお礼メールを送付することにより、顧客は「丁寧に対応をしてくれた」「細かいところまで気配りができている」と感じて、引き続き話を聞いてみようと言った気持ちになってもらえる可能性が高まります。, 顧客が聞く姿勢を持ってくれているだけでも、長期的に信頼関係を構築していきやすくなります。, 商談の際に、丁寧に分かりやすく説明をしたつもりでも、意外と相手に上手く伝わっていなかったり、口頭での説明のため、すぐに内容を忘れられてしまったりすることは珍しくありません。また、商談での話では情報量が多すぎて十分に処理できていない場合もあります。, メールであれば、伝えたい内容をまとめ顧客に合わせた内容を伝えることができます。例えば、商談で論点になった内容や顧客が疑問に感じていた箇所の補足の情報、内容の整理などが挙げられます。これにより、顧客も自分自身で情報を整理でき、さらには印象を残すこともできるのです。, 一般的に、営業商談後メールを受け取って不快に思うことはめったにありませんが、商談後のお礼メールは「マナー・礼儀」としての側面もあるので、マナーを欠いてしまうと逆効果になってしまうことがあります。相手から悪い印象を持たれてしまい、次の商談のチャンスを失ってしまう可能性もあります。, 商談後のお礼メールでマイナスの印象を持たれてしまわないために、注意するべき2つのポイントについて解説します。, 営業商談後のお礼メールは、可能な限り商談当日、遅くとも翌日に送るのがマナーです。なぜなら、商談後何日も経ってからお礼メールを送っても、感謝の思いが伝わらないからです。, それどころか、「マナー・礼儀のなっていない営業担当だ」印象を持たれてしまったり、「仕事を依頼しても後回しにされてしまいそう」と不安を抱かれてしまったりする可能性さえあります。, また、お礼メールには商談の内容をまとめることで記憶に留めてもらう目的もありますが、数日間が経過してしまうと商談の内容がおぼろげになってしまうリスクもあります。, メールでの誤字・脱字は、読み手に対して悪い印象を与えてしまい、信用低下の要因になってしまいます。特に、相手方の企業名や担当者名の間違いやファイルの添付漏れなどは、注意していないとついやってしまいやすい部分です。, 誤字・脱字のあるメールを送信しないように、細心の注意を払うことはもちろんですが、万が一送信後に間違いを発見した場合は、早急にお詫びと訂正をしましょう。, 競合他社の営業マンも同様にお礼メールを送っているかも知れません。また、お礼メールが相手方の印象にあまり響いていないこともあります。ここでは、お礼メールを売上げ拡大につなげるためのポイントを5点紹介します。, お礼メールを書く時に最初に重要なことは、具体的に書くことです。そして、商談の際に感じた担当者の印象を伝えると、非常に効果的な一文になります。, 相手の印象や印象的なエピソードを記載することで、自ずと相手の担当者も商談のことを思い出してくれます。さらに、内容を個別化することで、同じ内容を使いまわししているメールでなく「あなたに対して送っている」ことをアピールすることもできます。, 商談の内容をまとめることで、お礼のメールを商談メモや議事録として活用してもらうことも可能です。また、商談に対して真剣に取り組んでいることを印象づけることもできます。, メールの受信履歴は基本的に相手方の受信メールボックスに残るので、その場ではニーズがなかったとしても、再度本格検討のタイミングで内容を振り返ったり、資料として役立つ可能性もあります。, 商談結果を踏まえて、自社の商品・サービス、あるいは自分自身がどのような形で顧客のお役に立てるのかを記載します。商談相手が「この企業(人)に依頼をすれば課題が解決できそうだ」と期待してくれることが大切です。, そのため、「コスト削減」や「業務効率化」といった漠然としたメリットではなく、「御社の現在の会議にかかるコストをビデオ会議により65%改善できます」「現在課題となっている貴社の営業スタッフの残業時間を3割削減できます」といったような具体的にイメージできる内容を伝えましょう。, 特に、商談後であるため、商談の中でヒアリングした内容組み込んだり、顧客の実情にあった提案ができるのがメリットです。, メールの文章がお礼と内容のまとめのみになってしまうと、感触が良くても次のステップに進めにくいという問題が生じてしまいます。特に、互いの関係性がしっかりと構築されていない段階では、いったんやりとりが途切れてしまうと、電話やメールをしても望ましい感触が得られないケースがあります。, そこで、最低限の対策として次回の行動ステップを記載するようにしましょう。例えば、顧客から問い合わせや見積もりの依頼を受けているケースでは、「弊社内で確認・調整をし、〇月〇日までに連絡いたします」と案内します。, また、無料のメルマガなど、顧客側にとって少ない負担で有益な情報を提供できるツールなどがあれば、案内してみても良いでしょう。連絡を途切れさせないようにするために、自社でメルマガやSNSなどの情報発信の取り組みをするのも一つの手法です。, 営業メールを作成する際には、丁寧に対応することが基本です。メールの文面や言葉遣いの悪さから「失礼だ」という印象を持たれてしまうと、マイナスイメージを払拭するのは極めて難しいでしょう。, しかしながら、かしこまりすぎた文章は、日本語としては正しくても相手によっては「面白味がない」と感じられるかもしれません。あるいは、相手によっては少しかみ砕いて表現しないと内容がうまく伝わらないかもしれません。反対に、ITエンジニアなどの専門家に対して内容をかみ砕いて説明すると「まどろっこしい」との印象を持たれてしまいます。, 商談の中から、相手の方が持っている知識や好みの雰囲気などを把握して、文体や調子(=トンマナ)を調整することで、相手との距離感を近づけられるかも知れません。, これまで紹介した内容から、営業のお礼メールを一通送信するにもかなり工夫が必要だと思われたかも知れません。確かに、一度商談をしているとは言え、メールの文面で信頼関係を高めていくということなので、簡単とは言えないかと思います。, しかし、逆にいえば商談後に効果的なメールのポイントを意識することでビジネスチャンスが拡大するということなので、やはり商談後のお礼メールには非常に大きな力があると言えます。, メールを作成するにしても、毎回一言一句記入していては、営業活動に割くための時間を圧迫してしまいかねません。そのような営業効率化を考えた時に、大きなポイントとなるのはメールテンプレートです。, テンプレートにて商談後に送信するメールの内容を登録しておくと、商談終了後のメール作成の時間を大いに削減することができます。, テンプレートとして、メモ帳のアプリやWordのようなドキュメントソフト、あるいはITツールを活用して保存しておくことで、使いたい時にすぐに流用することができます。, 商談後のお礼メールをマナーとして実践している営業マンは少なくありませんが、営業成果を高めるために効果的にメールを活用できていない場合もあるかと思います。本記事では、お礼メールをマナーとしてではなく、営業の次のステップにつなげるためにいかに活用するかという観点から解説しました。, もちろん、翌日までに送付する、誤字・脱字をしない、といった最低限のマナーは重要ですが、それだけでは競合他社の一歩先を行くことはできません。商談相手の企業の課題・悩みに対して、いかに自社の商品・サービスが役に立てるか、導入すればどのようなメリットがあるか、といったことを具体的に案内することが大切です。また、抵抗なくコミュニケーションを取り続けてもらえるよう、次回のステップを案内することも大切です。, 「厳選営業メールテンプレート」では、営業のシーン別に活用いただけるメールのテンプレートを紹介しています。自身のテンプレート作成の参考にご活用ください。, 中央大学商学部を卒業後、2016年に新卒で株式会社コンベックスに入社。 お礼メールに返信がきた時の対応は? お礼メールに「返信不要」と記載しても、企業や担当者によっては返信をくれる場合があります。この時、企業からのメールに返信が必要がどうか悩む人が多いですが、 迷ったら返信する ようにしてください。 自分もお礼を言いたい・言わなければならないのであれば、そのことを相手に伝えるべきです。書くべき内容はこれまでに解説したことで事足りますが、「相手が先に送ってくれた」ことに対してのお礼も付け加えたいところです。それでは、そのお礼はどう書くのが良いのでしょうか。, 相手の方から来社後のお礼メールをもらって返信する場合も、書く内容そのものはそこまで変わりません。何よりもまずは、時間を頂いた事に対するお礼を述べることが大切です。また、相手から来社後のお礼メールをもらったことに対するお礼も併せて言いましょう。 営業商談後に送るお礼メールは、顧客の貴重な時間を割いてもらったお礼や商談内容のおまとめなど、顧客とより良い関係を築くことができます。本記事では、営業商談後に反応が来やすいお礼メールや、売上げ拡大につながる営業メールの要素について詳しく解説します。 商談後のお礼メールは、ビジネスにおいては必須になるでしょう。会社訪問時や面談時等、様々な状況においてのお礼メールを想定し、その送り方を前もって学んでおけば慌てることもありません。ここでは様々な場面における商談後のお礼メールやそれに伴う知識を紹介していきます。 正しい議事録のまとめ方をご存知でしょうか。議事録は、会議の内容を関係者に伝えるための報告書のような役割を果たす書類です。そんな議事録ですが、書き方のポイン... 商談後のお礼メールのポイントの1つ目は、お礼に添えて成果を記載することです。単なるお礼を送るメールであればお礼に終始するような内容で構わないですし、むしろ余計なことを記載することで感謝が伝わりづらくなってしまいます。しかし、商談後のお礼メールは感謝の言葉だけでは内容が薄く感じられるのです。, 商談後のお礼メールに関しては商談の成果が何だったのかを送ることで、感謝以上に相手が喜んでくれることになります。何故なら相手は表面上の感謝を求めているのではなく、ビジネスにおける前進を願っているからです。, 商談後のお礼メールのポイントの2つ目は、相手を立てた文章を心がけることです。例えば実際にはその回の商談において成果が出ていなかったとしても、相手を立てるような言い方をすることで、相手との関係性を進展させることができます。また、相手を立てた文章を毎回心がけると、相手との良好な関係性が期待できます。, 商談をするような相手には、お礼のメールに限らず常々相手を立てる配慮は必要ですが、特に商談のお礼メールの際には相手をしっかりと立てたメールを送ることが大切です。相手がメールを見直した時に「この人はいつも自分のことを立ててくれてる」と思えば、その後のビジネスでの対応も変わってくるものです。, 商談後のお礼メールのポイントの3つ目は、今後の展望をしっかり伝えることです。商談についてはその商談で何かが完結するということは基本的にありません。何かの結論がそこで出れば、商談での決定を受けてビジネスは動いていきます。商談とは基本的に先のビジネスを動かすためのものです。, そのため、今後ビジネスを拡大してお互いにウィンウィンになることが商談の意義になるのです。だからこそ、今後の展望を伝えて相手との関係やビジネスを太くしていくことが、商談後のお礼メールの最大の意義と言えます。, 商談後のお礼メールのポイントの4つ目は、件名にお礼の旨を記載することです。商談後のお礼メールは基本的に商談のお礼や商談の内容に直接的に関連すること以外は送りません。そのため、件名をお礼の旨を盛り込んだものにすることで、相手に強くお礼の気持ちが伝わるのです。, 商談後のお礼メールのポイントの5つ目は、文章の締めには細心の注意を払うことです。お礼メールに限らず、ビジネスメールは締めの文章によって大きくメール全体の印象が変わるので、細心の注意を払う必要があります。特に商談後のメールは商談の成果を決める大切なものであり、そのメールの締めは本当に大切なものです。, そのため「この度はこのような実りある商談のお時間をいただき、心より御礼申し上げます。貴社とはこの先も末永く良いお付き合いができましたら幸いでございます。今後ともよろしくお願いいたします。本日は本当にありがとうございました」といった形で送ると、感謝の気持ちや個人の熱い気持ちが相手にしっかり伝わります。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の1つ目は、ビジネスミーティングの場合を紹介します。ビジネスミーティングの場合には「本日はお忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました。また、本日のご提案内容についてのご配慮に重ねて感謝申し上げます」といった形で送信します。, 色々な書き方はあるのですが、商談後は時間をとっていただいたこと、また商談でご提案いただいた内容について相手に対して感謝の意を述べると、非常に丁寧で印象のいいお礼メールとなります。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の2つ目は、相手企業に営業をかけた場合を紹介します。相手企業に営業をかけた場合には「本日はお忙しい中お時間をいただきましてありがとうございます。ご提案の内容についてご質問やご要望等ございましたら遠慮なくお声がけくださいませ」といった形でお礼メールを送ります。, お礼を述べた後に、商談では伝えることができなかった内容や、その提案が相手方に対してどれだけ有用なのかを伝える文章を盛り込むことで、より充実したお礼メールになります。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の3つ目は、会社を訪問し商談した場合を紹介します。会社を訪問し商談した場合には「本日はお忙しい中お時間をいただきましてありがとうございました。また、貴社の皆様に丁寧にご対応いただいたことにつきまして重ねて感謝申し上げます」といった形でお礼メールを送ります。, 訪問した場合には、他に丁寧な対応をいただいたことに対して感謝を述べると誠実で丁寧な印象を相手に与えることができますし、来社の場合には「本日はお忙しい中ご来社いただきましてありがとうございました。当方のスケジュールをご考慮いただき感謝申し上げます」といった形で状況に応じた内容を送るようにしましょう。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の4つ目は、初めての商談の場合を紹介します。初めての商談の場合には「本日はお忙しい中、私共のためにお時間を割いていただき誠にありがとうございます。本日の商談でご提案いただいた内容は、まさに弊社の展望に合っていると確信いたしました」といった形で送ります。, 相手に同調して次に繋がるような形の内容を意識することが大切ですし、また相手を褒めるような内容を盛り込みつつ「今後貴社とは末永いお取引ができればと強く思いました」といった文章を盛り込むと熱意が伝わります。また、相手へのメリットを伝えるとビジネス感が増し、相手を巻き込むきっかけを作ることもできます。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の5つ目は、2回目以降の商談の場合を紹介します。2回目以降、会社や担当者と面談する場合には「いつもお世話になっております。本日は貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。先日の会議よりさらに具体的なイメージが沸いて参りました」といった形で送ります。, 前回の会議と比べてどのような進展があったのかを盛り込むことで、ビジネスが前に進んでいることを示唆するビジネスメールとなるのです。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の6つ目は既知の企業との商談の場合を紹介します。あまり取引はなかったものの既知であり、新たにがっちり組んでやるような場合には「本日はご多忙の中ありがとうございました。今後はより一層連携を強化し、貴社とウィンウィンの取引ができればと思っております」といった形になります。, 今までそんなに取引がなかったとしても「より一層の連携強化」などといった、長く取引を続けているような印象のメールを送ることで、相手のことをずっと大切に思っていたと暗に伝える内容のメールとなります。, 商談後のお礼メールの書き方や文例の7つ目は、紹介いただいた企業との商談の場合を紹介します。紹介者がいる場合には「〇〇様にもよろしくお伝えください」「〇〇様とのご縁でこのような面談の機会をいただくことができうれしく思っております」といったフレーズを付け足すことで、紹介者の顔を立てることになります。, 商談後のお礼メールへの返信方法の1つ目は、こちら側もお礼を伝えることです。相手が感謝の気持ちを送っているメール内容に対して「どういたしまして」といった内容だけでは、相手から高飛車だと思われてしまう可能性があります。そのため、こういった場合相手にお礼を返すのが一般的なビジネスマナーになります。, 「こちらこそありがとうございました」「ご丁寧にありがとうございます。こちらこそ感謝申し上げます」などといった形で、お礼メールに対してもこちらのお礼の意を丁寧に返すことで、相手に対して丁重で礼儀正しい印象を与える返信が可能になりますので、こういった気遣いを忘れないようにしましょう。, 商談後のお礼メールへの返信方法の2つ目は、今後の前向きな展望を添えることです。今後の前向きな展望を添えることで、相手はお礼メールを送って良かったと思ったり、お礼メールを送った効果があると実感できるものです。そしてその展望は直接的にお互いのビジネスの進展に結び付くことになります。, 逆にお礼のメールに対して返信しなかったり、メールを確認した旨を伝えるだけのメールを返信してしまうと、相手が今後お付き合いが進展していく見込みがないと思ってしまいます。特に今後もお互いにビジネスを進展させたい相手なのであれば、今後のビジネスの展望は必ず添えるようにしましょう。, 商談後のお礼メールは、良好なコミュニケーションを長く続けていくために必要なものです。そもそも人は感謝されて嫌だとは思わないものであり、相手からお礼を伝えられればうれしくなるものです。そのためお礼メールはビジネスにおけるコミュニケーションの基礎と言えます。, ここで紹介した商談後のお礼メールの書き方や面談後のお礼メールの書き方を意識して、ビジネスメールの基礎の見直しにとどまらず、より良いコミュニケーションを図るきっかけにしてもらえたら嬉しいです!, 商品やサービスを紹介する記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

カローラスポーツ Cm 俳優 11, Adobe Premiere Pro 結婚式 テンプレート 5, 加藤茶 妻 夜 5, 食べ物 実験 中学生 6, Iphone Ipad 連絡先同期 しない 22, 日大豊山 野球部 死亡 8, 市川 中学 偏差値 日能研 6, Python ファイル名 命名規則 5, Ark Modのバージョンが 一致 しま せん 21, ギター リペア 東京 4, スプラ トゥーン 2バレルスピナー 強い 40, 結婚祝い 兄弟 夫婦 6, 導きの地 レベル7 4つ 12, 緒方 采配 なんj 21, 海上保安学校 航空課程 合格点 5, 野波麻帆 英語 動画 19, 赤ちゃん 脇の下 抱っこ 泣く 14, Vba Sql Update文 43, Warframe 内なる紛争 攻略 7, 三宅健 ファン ブログ 5, ロレックス 入手困難 ランキング 4, 宇宙兄弟 アニメ 無料 36, ポケモン 第四世代 環境 8, 英語 副詞 一覧 16, 二世帯 玄関 増築 5, Digno ケータイ Apn 11, インスタ メッセージ 芸能人 10, フルフェイス 白 ダサい 8, Mini F56 タイヤ交換 4,