東京海上日動自動車保険で車両入れ替えを行う方法についてお伝えしていきたいと思います。 東京海上日動に限った話ではありませんが、自動車保険では契約期間中に車を買い替えたりすると車両の入れ替えをしなければならなくなります。 ©Copyright2020 車のお手伝い.All Rights Reserved. 新しい車に乗り替える際に必ず必要になる手続きが「車両入替」です。この手続きを怠ると一切の補償を受けられなくなるケースもあります。手続きの方法とタイミングを覚えておきましょう。プロのアドバイスが満載!自動車保険の一括見積もり【保険スクエアbang! トータルアシスト自動車保険の各種割引制度について紹介します。東京海上日動のトータルアシスト自動車保険は万が一の事故や故障のときに、しっかりと補償・サービスを提供できる総合自動車保険です。東京海上日動は、みなさまの「安心と安全」のために最適な保険商品を提供いたします。 【fp執筆】自動車保険に加入している途中で、新車を購入した場合や自動車を譲り受けたことによって名義変更を行うことも時にはあると思います。 このような時、現在加入している自動車保険の契約車両を変更することを「自動車保険の車両入れ替え」と言います。 元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。, 保険会社公認の車両入替操作によって、家族全体として保険料を節約する方法が認められている. 元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。. 自動車保険に加入している人が契約自動車を乗り換えた場合、保険会社に連絡しなければなりません(通知義務)。 この連絡を怠おこたり、事故を起こしてしまった場合は、保険会社は保険金を支払う義務を負いません。 車両入れ替えに関しては、保険会社としては、契約者から連絡がなければその事実を知りようがありません。 連絡がなければ保険証券の記載はずっと乗り換え前の車のままなので、保険証券の「契約自動車」の欄を乗り換え後の車に変更する手続きが必ず必要になります。 ところが、自 … 車両入替手続きを行うにはいくつか条件があります。 例えば自動車保険は基本的に1台に対し1つの契約ですので、新規に取得した自動車への入替の場合以外、前の車を手放すことが必要です。 保険証券に記載されている車が乗り換え前の車のままだと、いざ事故を起こしたときに保険が使えません。, ただし、車両入れ替えの手続きをうっかり忘れた場合に備えて、自動車保険には「被保険自動車の入替における自動担保特約」という猶予期間を定めた特約が自動付帯しています。, 自動車保険に加入している人が契約自動車を乗り換えた場合、保険会社に連絡しなければなりません(通知義務)。, この連絡を怠おこたり、事故を起こしてしまった場合は、保険会社は保険金を支払う義務を負いません。, 車両入れ替えに関しては、保険会社としては、契約者から連絡がなければその事実を知りようがありません。, 連絡がなければ保険証券の記載はずっと乗り換え前の車のままなので、保険証券の「契約自動車」の欄を乗り換え後の車に変更する手続きが必ず必要になります。, ところが、自動車保険の契約者の中には、保険会社への報告をついうっかり忘れてしまう方が時々いらっしゃいます。, 車を乗り換える(買い替える)というのは、お金も動くし、諸々の書類も発生するし、確かに気忙しいのは間違いないと思います。, それに加えて、新しい車に乗れるわくわく感もありますから、保険の手続きをついうっかり忘れてしまうことも大いにあり得ることです。, こうした事情は保険会社の側もわかっているので、ちゃんと対策が取られていて、それが「被保険自動車の入替における自動担保特約」というものです。※会社によって名称が異なります, 「特約」という名称が付いていますが、追加保険料なしに通常の自動車保険に自動付帯しています。, 車を入れ替えた日の翌日から30日以内に手続きをすることで、そのあいだに発生した事故に対して保険金を支払う, この規定により、車を乗り換えてうっかり手続きしないでいても、30日間の猶予期間が与えられることになります。, この特約は、契約者のうっかり忘れを救済するだけでなく、実は、保険会社に対しても猶予期間を与えています。, 契約者から事前に車両入れ替えの連絡を受けているにもかかわらず、保険会社あるいは代理店の諸事情により事務手続きが遅れてしまった場合でも、30日間の猶予期間があれば慌てふためることなく仕事ができます。, お客さんから車両入替の連絡が入り、連絡が入ったその日が納車日であった場合、もしも「被保険自動車の入替における自動担保特約」というものが存在しなかったら、代理店さんは即座に事務所に帰らなければなりません。, でも、この特約があるおかげで、お客さんにこの特約の内容を説明して安心してもらい、その上で、連休明けを待って手続きすればいいのです。, ところで、上に「車を入れ替えた日の翌日から30日以内」と書きましたが、「車を入れ替えた日」と言うのは納車日のことではなく、乗り換え後の車の車検証に記載された「登録年月日/交付年月日」のことです。, あくまでもこの「登録年月日/交付年月日」に記載された日付の翌日から30日以内に手続きを完了する必要があります。, たとえば、乗り換えることになった車の車検証を確認したところ、「登録年月日/交付年月日」が「平成30年10月1日」となっていた場合、30日後の10月31日までに車両入れ替えの手続きを完了しなければなりません。, もしも10月15日に乗り換えた車で事故を起こしてしまった場合、たとえその時点で車両入れ替えの手続きを済ませていなかったとしても、猶予期間がまだ2週間ほど残っているので、そのあいだに手続きをすれば事故に対する補償が受けられます。, そして、その際受けられる補償内容は、乗り換え前の車が契約していた補償内容となります。, 乗り換え前の補償内容が、対人:無制限、対物:無制限、人身傷害:5,000万であったら、それと同額の補償が受けられます。, 乗り換え前の車が車両保険に加入していた場合、乗り換え後の車にも車両保険が適用されますが、ただし、補償額に関しては、乗り換え後の車の時価額相当額が補償限度額となります。, また、乗り換え前の車両保険がエコノミーの場合は乗り換え後の車もエコノミー、一般条件であれば一般条件でそれぞれ補償されます。※そもそも乗り換え前の車に車両保険が付いていない場合は車両保険からの支払いはありません, 新しいお車の取得日の翌日から30日以内に、ご契約のお車との入替手続きを行っていただければ、取得日から入替えのお申出日までの間に生じた事故もご契約時の条件で補償します。, 車両保険がセットされている場合は、車両保険の補償限度額は新たに取得したお車の取得時の時価相当額となります。, 車両入れ替えの手続きをうっかり忘れた場合の「猶予期間」の規定は、下記の保険会社はすべてが採用しています。※下記以外の保険会社、共済等も採用していると思いますが個別にお問い合わせください, ※HP等に記載がないので約款をダウンロードしようとしたところ私のPCでは「flashプレーヤーが古い」という表示が出たので電話で確認。結論は、もちろん猶予期間はあります。オペレーターさんの話では、この特約はイザというときに救済する趣旨のものでHPで大々的にアピールするような性質のものではない、とのことでした。私もまったくその通りだと思います, 以上、車両入れ替えの手続きが遅れた場合の猶予期間についてお話してきましたが、言うまでもなく、納車日前に手続きをするのが基本です。, 猶予期間というのは、あくまでも止むを得ない事情で納車日前に手続きができなかった場合の救済措置です。, それと、大事な点なので繰り返しますが、30日間猶予期間があると言っても、基点になる日は「納車日」ではなく、車検証上の「登録年月日/交付年月日」です。, ディーラーなどでは、納車が順番待ちになっている繁忙期には、車検証が交付されてから1週間~10日経ってやっと納車日になることもあります。, 車両入替の手続きは車検証のコピーが手元にあればできる事なので、あくまでも納車日前か、遅くとも納車日当日に手続きが完了できるようにしていただきたいと思います。, ★車両入替は保険会社を見直すいい機会でもあります。たとえ今すぐ保険会社を移るつもりはなくても、同じ条件で各社の保険料がどのくらい違うかを横並びで確認しておくと、今の保険が満期になる際に継続するか他社に乗り換えるかの判断材料になります。. ©Copyright2020 車のお手伝い.All Rights Reserved. 家族がすでに車を所有していて11等級以上ある場合、新たに購入した車の保険を6等級ではなく7等級からスタートできる、これがセカンドカー割引(複数所有新規)です。, たった1等級の違いですが、保険料にすると10,000円~20,000円も安くなるケースもあります。, 東京海上のセカンドカー割引(複数所有新規特則)は次のようなケースで使える割引制度です。, 細かな適用条件は後で詳しく解説しますので、まずはイメージとしてご理解いただきたいと思います。, このページのテーマであるセカンドカー割引(複数所有新規特則)に限りませんが、自動車保険では「家族」とか「世帯」というのを一つの基本的単位として考えます。, ※自動車保険は基本的に1等級~20等級までありますが、新規契約は1ではなく6から始まります, しかし、その家族にとって2台目以降の契約では、6等級ではなく、さらに割引率の高い7等級からスタートできるというのがセカンドカー割引(複数所有新規特則)です。, 2台目以降の契約を東京海上で結ぶ場合、すでに保有している車の保険会社が東京海上以外であっても、セカンドカー割引(複数所有新規特則)は適用されます(他社でもOK)。※申込みの際に他社の証券番号と等級を記入する欄があります, セカンドカー割引(複数所有新規特則)は2台目以降に適用される割引ですから、3台目でも4台目でも5台目でも7等級からスタートできます。, 「6等級が7等級になるといっても、たった1等級しか違わないんだから、たいした割引じゃないんでしょ?」, セカンドカー割引(複数所有新規特則)は、すでに「家族」あるいは「世帯」に車が1台以上あることが前提です。, すでに保有している車の等級が11等級以上であること、自家用8車種であること、記名被保険者が個人であること、これが条件です。, ※「自家用8車種」とは自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車または特種用途自動車(キャンピング車)のこと, すでに車を3台とか5台所有している場合、そのすべてが上記条件にあてはまる必要はなく、そのうちの1台が当てはまれば条件クリアーです。, たとえば、3台あるうちの2台は7等級と10等級であっても、残りの1台が11等級であれば、この11等級の車を対象としてセカンドカー割引(複数所有新規特則)が適用されます。, 東京海上や損保ジャパンには3年契約など長期の自動車保険がありますが、契約期間内に事故を起こしているいないによって等級の扱いが変わってきます。, 保険料の金額比較をすると、通常の6等級スタートとセカンドカー割引(複数所有新規特則)の7等級スタートでは、年間保険料で10,000円~20,000円の差額が出ることはごく普通にあります。, ★複数所有新規割引(セカンドカー割引)はほぼ全ての保険会社が採用している割引です。7等級からスタートできる点は各社共通ですが、そもそもの保険料レベルは会社によって異なりますから、トータルの保険料では差が付きます。一括見積もりサイトを利用すれば一度の入力で複数社の保険料を横並びで比較できます。高い安いが全てではないかもしれませんが、まずは金額を押さえておくと後で後悔しなくてすむと思います。, 東京海上で新たに追加する車の保険をセカンドカー割引(複数所有新規特則)で契約する場合、用意する書類は車検証・保険証券・免許証の3つです。, すでに保有している車が複数台ある場合は、いずれか1台の保険証券(11等級以上)を用意してください。, ここまでは、すでに車を保有しているところへ新たにもう一台追加する場合の一つの方法として、セカンドカー割引(複数所有新規特則)を適用するやり方を解説してきました。, 実は、一つの家族あるいは一つの世帯において車を増やしたり(増車)、車を減らしたり(減車)、車を買い替えたり(乗り換え)、そうした機会は一つのチャンスでもあります。, すでに1台車を保有しているところへ、2台目を新たに追加する際、セカンドカー割引(複数所有新規特則)を適用するのと同時に車を入れ替えるという操作です。, まず、こうした入替操作なしに、新たに追加する車にセカンドカー割引(複数所有新規特則)を使ってごく普通に保険料を出すと、次のようになります。, つぎは、プリウスとプリウスの保険、ワゴンRとワゴンRの保険、という結びつきを一度切り離します。, 切り離してから、プリウスにワゴンRの保険を、ワゴンRにプリウスの保険をつけて、もう一度保険料を出し直します。, つまり、プリウスの保険は20等級から7等級に、ワゴンRの保険は7等級から20等級になります。, よくあるケースとしては、父親が車を保有していたが、息子が免許を取り新たに車をもう一台追加した、といったケースです。, このようなケースでは、父親の車の保険は「20等級・35歳以上」などのいい条件であるのが普通です。, それに対して、息子は初めて車に乗るのですから「7等級・全年齢」※セカンドカー割引(複数所有新規特則)を適用するので7等級というように、保険料的に高くなる条件であるのが普通です。, これを何の操作もなく契約するのではなく、保険会社公認の車両入替操作によって、家族全体として保険料を節約する方法が認められているのです。, ※言うまでもありませんが、増車や減車などがない中で勝手に入れ替えすることはできません, 家族で2台目以降の車をセカンドカー割引(複数所有新規特則)を利用して契約した場合、当然、家族の車は複数台になります。, このように家族で自動車保険を複数台契約している場合、「補償の重複」が発生することがあります。, 複数台ある場合、そのうちの1台だけに付けておけば他の車には付けなくてもいい補償あるいは特約があります。, この特約は、原付バイク(125cc以下)による事故を補償するものですが、一家あるいは世帯で複数台自動車保険に加入している場合は、そのうちの1台につけておけば、家族の誰が原付バイクで事故を起こしてもちゃんと補償されます。, 父親の自動車保険に「ファミリーバイク特約(原付特約)」を付けた場合、保険の対象になるのは父親だけでなく、母親や子供などの同居の家族(と別居の未婚の子)も含まれます。, このように、保有するそれぞれの車に別々に掛ける必要がない特約等がいくつかあります。, ②の個人賠償責任保険特約は家族の車のいずれか1台に付けていれば家族全員が被保険者になります。また、自動車保険に付けていなくても火災保険や傷害保険の特約として付けている場合も家族全員が被保険者です。, ④の人身傷害保険ですが、複数台あるうちの1台に「人身傷害保険+人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約」を付けた場合、残りの車には「人身傷害保険」のみを付けるだけでOKです。これにより、すべての車に「人身傷害保険+人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約」の補償が付くことになります。つまり、「+人身傷害の他車搭乗中および車外自動車事故補償特約」の部分は1台に付ければ同居の家族全員が被保険者になるということです。もちろん、保有するすべての車を「人身傷害保険」のみで契約することも可能です。※おすすめはしませんが, これは上の項目の注意書きで書いてもいいことですが、いざ事故が起こった場合に支払対象に「なる」「ならない」でトラブルになる可能性が高いので、別に項目を立ててご説明することにしました。, 具体例でお話するのが一番わかりやすいと思うので、やや遠回りになりますが次の事例でご説明します。, そこで、息子の車に自動車保険を付けるのですが、Aさん(父親)の自動車保険が20等級なので、セカンドカー割引(複数所有新規特則)で加入できることがわかり、7等級からスタートする契約を結ぶことにしました。, しかし、この機会に車両入替をすることで、2台合計の保険料をより安くする方法があることを知り、セカンドカー割引(複数所有新規特則)と同時に車両入替をすることになりました。, ところで、Aさんの保険には「ファミリーバイク特約」が付いていたのですが、息子はこの特約も付けた状態でAさんの20等級の保険を引き継ぐことにしました。, 一連の保険契約が完了し、半年が過ぎた頃、他県の大学に通っているAさんのもうひとりの息子が原付バイクで事故を起こし、相手にケガをさせてしまいました。, 連絡を受けたAさんは、「ファミリーバイク特約」がついているから大丈夫と思い、保険会社に事故報告しました。, 車両入替する前にAさんが入っていた20等級の保険には、確かに「ファミリーバイク特約」がついていて、この特約の対象には、AさんとAさんの配偶者、AさんまたはAさんの配偶者の同居の親族、AさんまたはAさんの配偶者の別居の未婚の子が含まれます。, ですから、「別居の未婚の子」である他県の大学に通うAさんの息子は保険の対象に含まれるはずです。, ところが、車両入替により、Aさんが加入していた20等級の保険の記名被保険者はAさんの同居の息子の名前に変わっていました。, すると、もう一度保険の対象になる人を確認してみると、同居の息子には配偶者も子供もいませんから、, 他県の大学に通っていて今回事故を起こしたのは、Aさんにとっては「別居の未婚の子」ですが、Aさんの同居の息子にとっては、「保険上は」ただの他人です。, 車両入替をする場合は、こうした事態も起こりうるので、特約等の移し替えが必要になることがあります。, この事例で言えば、車両入替をする際、20等級の保険に付いていた「ファミリーバイク特約」を7等級の保険に付け替えておくべきでした(付け替えても2台合計の保険料は変わりません。なぜならファミリーバイク特約は等級に関係なく定額だからです)。, 長々と細かい話で恐縮ですが、こういうこともあり得るので、「節約」も大いに大事ですけれど、一番肝心な「補償」そのものにも注意していただきたいと思います。, ★この機会に同じ条件で見積もり試算した場合の他社の保険料を確認しておくといいと思います。保険料の安い会社3社をチェックしておけば、今の契約が満期になる際に継続するか乗り換えるか判断材料になりますから。. 東京海上のセカンドカー割引(複数所有新規特則)は次のようなケースで使える割引制度です。 細かな適用条件は後で詳しく解説しますので、まずはイメージとしてご理解いただきたいと思います。 このページのテーマであるセカンドカー割引(複数所有新規特則)に限りませんが、自動車保険では「家族」とか「世帯」というのを一つの基本的単位として考えます。 一人暮らしはたまたま家族構成が一人の世帯と考えます。 自動車保険の契約をする際、その家族にとって最初の車は6等級からスタートしま … 期契約の場合、, 新たなご契約および他契約のお車の用途・車種が、いずれも主な自家用車であること, 新たなご契約の始期日が、他契約の保険期間内にあること, A: 他契約に適用されている等級, B: 経過年数(他契約の始期日から新たなご契約の始期日までの年数(端月数切捨て)), C: 経過年数内の3等級ダウン事故件数, D: 経過年数内の1等級ダウン事故件数, ※ B
蛇が 住み着い た 10, Woo Ah 人気順 13, 革靴 かかと 浮く 5, 首都大学東京 Mba 研究計画書 4, Eダンスアカデミー ナポレオン 脱退理由 19, 介護 研修資料 無料 16, ミルダム コイン 買い方 52, 中学生 テスト 250点 23, ミライース スピーカー おすすめ 4, エアガン パーツ 輸入代行 49, Ps4コントローラー 充電 残 量 Pc 4, Osmo Pocket Webカメラ化 11, デグー ストレス 症状 14, 15メートル 長さ 例え 25, ポケモン 改造 削除 11, 大阪商業大学 野球部 新入生 6, ヤマダ電機 電子 レンジ 配送 料金 8, 保育 業務 日誌 20, 86 テールランプ 交換 工賃 6, 岡山駅 死亡 事故 5, ラルフローレン ハンカチ 偽物 4, 京大 模試 浪人 4, 赤ちゃん 足 クロス 4, 第五人格実況者 スレ 107 7, 蔦屋家電 広島 Apple 7,