//「時」を取得する //取得した年に5を足して日付オブジェクトにセットする //日付オブジェクトを作成する -の値が入って、引き算することもあります。, 2018/11/06 19:17 編集, 秒から切り捨てです。この場合、59.999は切り捨てです。 var w_day = new Array(7); //「時」を取得する , オブジェクト変数、「dd」に「new Date()」を代入し、Dateオブジェクトを作成します。

ここに指定の「時刻」が表示されます。

2, 回答 //日付オブジェクトを作成する いろいろ説明不足ですみません。, 「1時間=60分」と分かっているのでしたら、計算式自体は非常に簡単だと思うので、どこで詰まっているのか伝わってきません。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Operators/Arithmetic_Operators, 21:00 = 60 * 21 = 1260分 --> 1260 + 60 * 4.5 = 1530 --> 1530 % 60 = 30 --> (1530 - 30) / 60 = 25, パースして、各桁(時分)で計算して、再整理(繰り上がり等)して表示させるのが一般的かと。, ベストアンサーが決まった後で恐縮ですが、自分ならどうするか?を考えてみましたので、参考までに別案として回答します。手段としては、時刻や時間の処理に便利な Moment.js を使います。, (1) Moment.jsで作成されるオブジェクトに、 .hhmmというgetterアクセサを追加して、たとえば午前1時30分なら、"25:30"という文字列を返すようにします。, (2)また、 hhmm(string) というグローバルな関数も付属で用意して、 hhmm("27:45")とすると、午前3時45分を時刻として持っている moment オブジェクトを返すようにします。, 以下に、3つのソースファイルを示しますが、同じコードを以下のGitHubレポジトリ, にも上げていますので、もしよければ、お手元に clone するかダウンロードしてみてください。, 上記の index.htmlをブラウザで開き、開発ツールのConsole に以下が表示されるのを確認できると思います。, 上記の test.js でも使っているとおり、Moment を使う利点は、すでに用意されている add や diff, isAfter, isBefore といった、便利なメソッドを使えることです。, 自身が提案する実装方法は、時刻・時間ともに、最も桁が小さい分に換算して、演算を行うものとなります。 2 / クリップ , 19行目でオブジェクト変数、「dd」に「new Date()」を代入してDateオブジェクトを作成したら「年月日」と同様に、時刻を取得するメソッドを使います。

ボタンをクリックすると日付を表示します。

function toDoubleDigits(i) { JavaScriptで「厳密に使用する」とは何ですか?その背後にある理由は何ですか? //日付オブジェクトから「曜日」を取得する var DD = dd.getDate(); //Dateオブジェクトの曜日データを代入する mm = "0" + mm; //段落タグの中身を"date011"で置き換える var MM = dd.getMonth()+1; }, 条件文をつけない場合は「6:7:8」と表示されますが、桁合わせのコードを追加していますので、「06:7:8」と表示されます。, 2.2の時刻に0を付けるJavaScriptのコードでは「時」の処理のみ条件文を使って2桁にしていました。その他の「分」や「秒」も0をつけて2桁に合わせてみましょう。コードの書き方は、以下のコードのように条件文を増やすなど幾つかの方法がありますが、本節では、同じような処理をまとめて処理できる「関数」を使って処理する方法を学習します。,